直木賞 石見銀山が舞台 千早茜さんの「しろがねの葉」

第168回芥川賞と直木賞の選考会が19日、東京で開かれ、
直木賞に、石見銀山を舞台にした歴史小説、千早茜さんの「しろがねの葉」の選ばれました。

「しろがねの葉」は戦国時代末期の石見銀山を舞台とする歴史小説で、
銀の鉱脈を探す山師の男に拾われた少女・ウメが、時代の変化にあらがいながら強く生き抜いていく姿を描いています。

作品の刊行にあたって、石見銀山資料館の仲野義文館長は千早さんにアドバイスやゲラの確認などを行ったそうです。
これは、是非読んでみたいと思いました。

島根 NEWS WEB 記事ページ

 

その他のおすすめ

  1. 今月下旬オープン! 世界遺産の街をサウナで元気に!

    4月下旬オープン! 世界遺産の街をサウナで元気に!

  2. J-wave THE HIDDEN STORY に「里山インストール」の小林新也さんが掲載されました

  3. 2023年1月19日広島ホームテレビ「5up!」に温泉津温泉が紹介がされました!

  4. NEWS610でWATOWA紹介

    NHK松江 しまねっとNEWS610 で、温泉津のWATOWAさんが特集されました!(3/24放送)

  5. 温泉津特番@Café&Bar路庵

  6. 女性自身 唯一無二の「天恵」めぐり 記事掲載のお知らせ ーその1ー

  7. 初回放送9月3日 ブラタモリに石見銀山が登場!

  8. ようこそ温泉津へ

    9月27日NHK「あさイチ」に石切り場が紹介がされます!

  9. ゆのつ組 #ノスタルヂック温泉津

Translate »